軽バン(箱バン)を中古で買う際のおすすめ車種・激安で買う方法・選び方・注意点は?

2021.09.21

軽バン(箱バン)を中古で買う際のおすすめ車種・激安で買う方法・選び方・注意点は?

これから軽配送業を始めたい方にとって、もっとも大きな出費となるのが「車両の購入」です。

一般的に少しでも安く車両を購入したい場合は中古車を検討することになります。

しかし、中古車の購入は新車と異なり不安な点も多いかと思います。

本記事では、軽バンを中古で購入する際の車種や特徴、選び方・注意点など紹介します。

▼今すぐ事業を始めるなら軽バンリース!▼

貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

軽バンの選び方

軽バンの選び方

軽バンの選び方を知る前に軽バンの規格について簡単に知っておきましょう。

軽自動車の規格は決められており、乗用5ナンバーもバン4ナンバーも全長・全幅はルールに則って設計されています。

箱形バンの場合、全長・全幅に加えて高さもほぼ共通です。

ただし、1998年10月以前にリリースされた軽自動車は一回り小さいボディサイズです。

あまりにも古い中古車はサイズ感が少し異なると考えてください。

排気量は660ccで軽自動車全車で共通です(1989年2月以降変更されていません)。

ほかには、グレードにより過給機(ターボ等)の有無、トランスミッションがMTかAT、2WDか4WDなどが異なります。

ざっくりとした規格は同じですので、地域や用途にあわせて細かな部分(2WDか4WDかなど)を選びましょう。

【電気自動車の軽バンはどう?】
三菱ミニキャブMiEVなどが出ていますが、航続距離充電時間に課題が残ります。

お得感のある中古車はコレだ!

新車登録から3~5年程度で走行距離5万キロ以内、修復歴無しが理想です。

DX系、ノーマル系グレードなら60万円前後から探すことができます。

ただし、こういった条件のいい中古車はあまり出回っていないため、もし見つけた場合は即決する気持ちで商談に移りましょう。

厳選!中古で買うときのおすすめ軽バン車種

中古で買うときのおすすめ軽バン車種

軽バンの車種は限られており、次の4車種をおさえておけば大丈夫です。

1ダイハツ ハイゼットカーゴ

ダイハツ ハイゼットカーゴ

軽バンの中でもっとも長い60年の歴史を持つのがハイゼットシリーズです。

1998年の軽自動車規格変更後に「バン」から「カーゴ」に名称を変更しています。

現在のモデルは2004年に発売され、2017年にフロントフェイスを大幅に変更するビッグマイナーチェンジが行われました。

先進安全装備スマートアシストが装備されるモデルもあります。

発売から16年以上経過しており中古車硫流通量も多く、現行型では選びやすいモデルです。

ただし10年以上経過したハイゼットカーゴは車の状態をよく見極めることが大切です。

【ポイント】
ハイゼットカーゴはトヨタピクシスバン、スバルサンバーバンにOEM供給されてています。
エンブレム以外共通ですので、同時に上記車種もチェックしましょう。

2スズキ エブリイ

スズキ エブリイ

1964年発売のスズライトキャリイバンを前身に持つ歴史のあるモデルで、荷室の床面長はトップクラスの長さです。

現在のモデルは2015年に発売され、ハイゼットカーゴと比べ基本設計が新しくなっています。

ですが、見た目に関しては2005年に発売されたエブリイも悪くなく、古臭さを感じないデザインになっています。

構造については、2ペダルMTが選べるのはエブリイのみです。

MT車同様で自動でクラッチ操作が行われ、オートモードもあり燃費を稼ぎながらイージードライブできます。

ただし、減速からの加速時にギクシャクしたり、変速ショックが大きく感じたりしますので一度試乗してみることをおすすめします。

【ポイント】
エブリイは日産クリッパーバン、マツダスクラムバン、三菱ミニキャブバンにOEM供給されてています。
エンブレム以外共通ですので、同時に上記車種もチェックしましょう。

3ホンダ N-VAN

ホンダ N-VAN

2018年に発売されたN-VANは、箱形の軽バン唯一のFFベースです。

荷室の床面長は短く、積める荷物量は少ないのですが、N-BOXをイメージさせるデザインで商用車のイメージが薄いオシャレなデザインが魅力です。

新車価格が軽ワゴンタイプの乗用車同等の価格設定で高いうえに、年式も新しいため中古車価格も高く設定されています。

流通台数は少ないですが、年式が新しい分、良好な中古車を見つけやすいでしょう。

4スバル サンバー(農道のポルシェ)

スバル サンバー

2012年までのサンバーはスバルによる自社開発が行われており、軽バンにもスーパーチャージャーエンジンが搭載されるなど非常に特徴的なモデルでした。

リヤエンジンのRRベースの4WD、5MTから農道のポルシェとも呼ばれ、状態の良い中古車は高値で取引されています。

単純に軽配送業を始めたいだけの場合は、2012年までのサンバーは候補から外してもいいでしょう。

なお、2012年以降のサンバーはダイハツからのOEM供給を受けているため、ハイゼットカーゴとデザインが共通でプレミアもついていません。

軽バンを中古で安く・お得に買う方法とは?

軽バンを中古で安く・お得に買う方法とは?

中古車は1台ごとに状態が異なります。

年間走行目安1万キロ、5年5万キロ以内の中古車を狙いましょう。

仕事で使用した軽バンは走行距離が多いのが特徴です。

低走行の軽バンを見つけるのは非常に難しいでしょう。

DX系のノーマルグレードで、ボディカラーは白またはシルバーを狙うとお得な中古車が見つけやすくなります。

ハイゼットカーゴのクルーズ系、エブリイのジョイン系の上級グレードは人気が高く価格も高めです。

極端に安い中古車を買うならリース車の方が安心

10年以上経過、走行距離15万キロ以上、修復歴有の場合、車両価格10万円前後の軽バンもあります。

たしかに低価格は魅力的ですが、故障などトラブルのリスクとは常に隣り合わせです。

まとまった資金が無く、お手軽に軽バンを使いたい場合は軽バンリースをご検討ください。

メンテナンスの心配がなく、故障時などのトラブルの際も安心な中古車リースで軽配送業を開始しましょう!

▼今すぐ事業を始めるなら軽バンリース!▼

貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

軽バンを中古で買う際の注意点

黒ナンバーの取得方法を解説

修復歴の有無や走行距離はもちろんですが、ボディや下回りのサビのチェックや内装の状態をしっかりチェックしましょう。

とくにバッテリーは消耗品です。

買ってすぐにバッテリーが上がってしまったりするトラブルは少なくありません。

バッテリーは新品で乗り始めることをおすすめします(弊社のリース車ならバッテリーは新品渡しです)

内装や装備で確認したいポイント

軽バンはさまざまな荷物を運んでいます。

前オーナーが職人さんなら、荷室に棚を設置しビス穴があるかもしれません。

塗料を運んでいたなら塗料の臭いがあるかもしれませんし、食品系の配送なら天井のカビが心配です。

荷室はお客様の大切な荷物を載せる場所なのでしっかりチェックしましょう。

配送業務ならスライドドアの開閉回数も多くなります。

開閉時に異音が無いか、ドアハンドルにガタが無いかも念入りにチェックしましょう。

中古で購入するときの心構え

先ほども述べた通り、中古車は1台ごとに状態が大きくことなります。

オークションに精通している友人や目利きの中古車販売店の友人などがいれば心強いですが、素人が良い商品を探すのは非常に難しいです。

故障リスクを考慮すると、保証が充実しているメーカー系中古車ディーラーから購入するのが無難でしょう。

車両購入にこだわらない場合は、リースも選択肢にいれてみてください。

弊社の軽バンリースなら、中古車ではありますがタイヤとバッテリーは新品渡しで受け取った瞬間からガンガン走れます!

【コラム】軽バンと通常の軽乗用車の違いは?

軽乗用車の場合、フロントのボンネット内にエンジンを配し前輪で駆動するFFがベースになりますが、軽バンの場合、エンジンは運転席下に配し後輪で駆動するFRがベースになります。

スバル自社開発のサンバーのみリヤバンパー内にエンジンを配するRRベースです。

降雪がある地域でFR車は立ち往生の危険があるため、4WDの選択は必須でしょう。

軽乗用車の後席は快適ですが、軽バンの後席は直角シートがほとんどのため長距離乗車は厳しいです。

そのため、一部上級グレードの軽バンには大きめで快適な後席を装備しています。

▼今すぐ事業を始めるなら軽バンリース!▼

貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

【コラム】弊社では中古車の買取もしています!

【コラム】弊社では中古車の買取もしています!

本記事をご覧の方の中には「今乗っている軽バンが古くなったので買い替えたい」と考えている方もいらっしゃるとかと思います。

軽バンなどの商用車は、新車で購入後ボロボロになるまで乗りつぶすユーザーも少なくありません。

10年以上経過している、10万キロ以上走行している場合は、売却しようにも下取価格がつかないことがほとんどです。

しかし、それではもったいないです!

古い年式、過走行でも自走可能な軽バンをお持ちの方はぜひ一度弊社にご相談ください。

弊社でなら10年、10万キロ走行の車でも買い取れる可能性がございます!

▼軽バン人気車種の買取相場

買取金額メーカー・車種年式走行距離車歴買取日備考
8.5万円ダイハツ-ハイゼットカーゴクルーズ2010年10.1万km自家用2021年エアコン故障あり
5.5万円ダイハツ-ハイゼットカーゴデラックス2008年16.5万km自家用2021年-
2.5万円ダイハツ-ハイゼットカーゴクルーズ2009年8.3万km自家用2021年-
15.0万円スズキ-エブリイ660PA2009年17.0万km事業用2021年-
13.0万円スズキ-エブリイジョイン2000年10.0万km事業用2021年-
8.0万円スズキ-エブリイPA2015年11.5万km事業用2021年修復歴あり
5.0万円スズキ-エブリイジョイン2008年12.2万km自家用2021年外装に傷あり
11.0万円スバル-サンバーバン2013年10.0万km事業用2021年修復歴あり
8.0万円スバル-サンバーバン2003年18.5万km自家用2021年-
5.0万円スバル-サンバーバン2004年5.2万km自家用2021年-

※上記の表は弊社での買取価格から算出した参考価格です。
※実際の買取価格は各車の年式、走行距離、状態により異なります。

リースだけでなく中古軽バンの買取でも弊社にご相談ください。

▼今すぐ事業を始めるなら軽バンリース!▼

貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

よくある質問(FAQ)

よくある質問

Q1:中古軽バンを買うときの注意点は?

A:修復歴の有無や走行距離はもちろんですが、ボディや下回りのサビのチェックや内装の状態をしっかりチェックしましょう。

あとは室内の臭いといった目には見えない部分にも注意が必要です。

Q2:中古車とリース車どちらがいいの?

A:5年未満、5万キロ以内の割安な中古車があれば購入してもいいでしょう。

ただし、予算の問題で状態の悪い中古車しか買えない場合は、リース車の利用をおすすめします。

弊社の軽バンリースでは、リース前に整備士によるチェックを行いいい状態でお客さまにお渡しできるようにしています。

まとめ:軽バンは中古でお得に購入しよう!

中古の軽バンは、5年5万キロ以内で60万円前後の中古車を狙い探しましょう。

上級グレードにこだわらず、車の状態を優先して探すことで良質な中古車軽バンを見つけやすくなります。

なお、新車から5年以上経過するとメーカー保証が無くなります。

故障のリスクも含め安心して軽バンを使用した場合は、軽バン中古車リースを検討しましょう。

すぐに配送業務が出来る黒ナンバーつき軽バンのリースが1ヶ月から借りられます!

安心!
はじめての軽バンリースでも心強い、
3大特典

特典1
タイヤ・バッテリー新品交換渡し!
ガンガン走れます。
※6ヶ月以上のプランで適用される特典です
特典2
配達中の故障時、迅速に代車提供可能!
特典3
配達中の事故時、レッカー代は無料!

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

画像の出典

ダイハツ-ハイゼットカーゴ(公式サイト)
スズキ-エブリイ(公式サイト)
ホンダ N-VAN(公式サイト)
スバル-サンバー(公式サイト)

軽配送フリーランスにおすすめの記事