黒ナンバー(事業用軽バン)を自家用プライベートで使って良い?メリット・デメリット・保険は?

2021.09.01

黒ナンバー(事業用軽バン)を自家用プライベートで使って良い?メリット・デメリット・保険は?

軽配送業で独立しようとしたときにまず感じるのが「金銭的な不安」でしょう。

そこで家計全体のコストをおさえるために、仕事で使う黒ナンバーつき軽バンをプライベートでも使用したいと考える方も多いはずです。

【結論】黒ナンバー車のプライベート利用はOKです!※

※リース車の場合は各社との契約内容により利用可否が異なります。

本記事では、黒ナンバー車をプライベートで利用する際のメリットや注意点について解説していきます。

▼今すぐ事業を始めるなら軽バンリース!▼

貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

仕事で使っている黒ナンバー軽バンを日常使いしてもいい?

黒ナンバー軽バンをプライベート利用してもいい?

冒頭で書いた通り、黒ナンバー車の日常利用はOKです。

黒ナンバー車を平日は配送業務で、休日はプライベートで利用しても何ら問題ありません。

ただし、事業用の黒ナンバーと自家用(プライベート用)の黄ナンバーでは取り扱いが異なる点がいくつかあります。

事前に違う点を知っておきましょう。

【ポイント】
黒ナンバー車のプライベート利用は問題ありませんが、リース車の場合は各社との契約内容により利用可否が異なります。

黒ナンバー(事業用)と黄ナンバー(自家用)の違いは?

ナンバーの違い

まずナンバーの色が異なります。

軽貨物なら黒と黄ナンバー、小型・普通・大型貨物なら緑と白ナンバーです。

事業用の黒や緑ナンバーは、運賃を頂いてお客様の荷物を運びます。

タクシーやバスの乗用の場合は、お客様から運賃を頂いて目的地までお客様を乗せます。

自社の商品をお客様に届けたり、運賃の発生が無い利用の場合は黄や白ナンバーの自家用登録車でOKです。

1.定員

軽自動車の乗車定員は最大4名です。

しかし、一般的に軽貨物運送業で使う軽バンはリアシートを畳んだ状態で乗車定員2名で使用しています。

乗車人数により最大積載量も異なり、2名時は350kg、4名時は250kgです。

プライベートでも軽バンを使いたい場合は。エブリイならジョイン系、ハイゼットカーゴならクルーズ系グレードを選ぶと快適な後席が利用できます。

ただし、本気でギッシリ積みたい、積むことが多い場合は大き目の後席が畳んでも邪魔になります。

荷室にコンパネを敷いている場合は、後席がそもそも利用できないのがほとんどです。

仕事で使っている軽バンの定員を柔軟に変更するのは現実的ではありません(頻繁に2名⇔4名に変更するのはかなりの手間です)。

【注意】
5ナンバーの軽乗用車の後席を取り払って黒ナンバーを取得した場合は4名乗車はできません。

2.税金

黒ナンバーの軽自動車は、毎年の自動車税が黄ナンバーと比較して若干安いです。

▼税金(平成27年以降の登録車)

  • 貨物営業用(黒ナンバー):3,800円
  • 貨物自家用(黄ナンバー):5,000円
  • 乗用自家用:10,800円
  • 決済当日にスムーズに所有権を移転する

3.保険料

黒ナンバーつき軽バンの自動車保険(任意保険)料は、自家用軽バンの保険料よりも高く設定されています。

これは仕事で利用は走行距離が長くなりがちで、事故発生のリスクが高まるためです。

4ナンバーの軽貨物は営業用自家用ともに年齢条件の設定がなく、20歳の方でも40歳の方でも同じ保険料です。

※5ナンバーの軽乗用車の場合は年齢条件の設定があります。

黒ナンバーつき軽バンの任意保険は、ダイレクト型での申し込みが出来ず、大手損保代理店での申し込みが必要です。

自家用車で使用している車の任意保険の等級継承は出来ず、新規(6等級)での加入となります。

【ポイント】
保険料を経費にできるかは車の利用割合によります。
プライベート40%、事業60%の場合は60%の部分だけが経費となります。

■参考:黒ナンバー軽貨物に任意保険は絶対加入必須!保険料・事故例などのまとめ

補足:車の使用目的は正しく申告しよう

上記でも説明した通り、事業用の自動車保険はプライベート用よりも価格が高い傾向にあります。

しかし、万が一の事故時に補償を受けるために必ず使用目的は「事業用」としてください。

事業用以外の保険では軽貨物配送業は始められませんので、当然と言えば当然のことですが改めて再確認しておきましょう。

もし使用目的を誤って申告してしまっていたときは、速やかに保険会社に連絡のうえ修正してください。

▼今すぐ事業を始めるなら軽バンリース!▼

貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

車が1台で済めば全体の固定費が下がる

固定費が安くなる

車1台で仕事からプライベートまで使うことができれば、トータルの費用をかなりおさえられます。

まず、駐車場を借りなければならない場合は、駐車場代が不要になります。

保険料も1台分の支払いで済みますし、車検や点検などのメンテナンスにかかる費用も1台分で済みます。

プライベートではカーシェアリングの利用もおすすめ

黒ナンバーつき軽バンは配送車として荷物の運送に特化した作りになっており、3人以上の乗車はできないケースがほとんどです。

3人以上を乗せたいときは、カーシェアリングレンタカーを利用するといいでしょう。

利用シーンや乗車人数にあわせて自由に車種を選べます。

利用頻度が低ければ、プライベート用の自家用車を持つよりトータルのコストを低くおさえられます。

黒ナンバー車をプライベート利用するときの注意点

黒ナンバー車をプライベート利用するときの注意点

通常、黒ナンバー車は営業用として仕事で使う車です。

プライベートでの利用も可能ですが、仕事以外での利用にはいくつかの注意が必要です。

ガソリン代の取り扱い

ガソリン代の取り扱い

軽バンで配送業務で使ったガソリン代は経費にすることができますが、プライベートでの利用分は経費にできません。

配送途中に少し買い物による程度の利用でしたらまず問題ないでしょうが、長距離移動時に使うガソリン代はポケットマネーで支払ってください。

ガソリン代の公私混同を防ぐために、ガソリンの決済用カードはプライベートとビジネスで2枚持つと便利でしょう。

【ポイント】
ガソリン特化のクレジットカードを使えば、通常価格より安く給油できます。

▼オススメのガソリン用法人カードはこちら(法人カード調査部)を参考にしてください

部品の消耗が激しくなるので注意

部品の消耗が激しくなる

車には多くの部品(消耗品)が使われています。

走行距離が多くなればなるほど消耗品の交換サイクルが早くなります。

営業者をプライベート使用すると、より走行距離が多くなるのがデメリットです。

日頃から走行距離の記録をつけ、オイルやタイヤなどの消耗品は適切な頻度で交換しましょう。

▼今すぐ事業を始めるなら軽バンリース!▼

貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

よりコストを下げたいなら黒ナンバーつき軽バンリースがおすすめ

軽貨物運送業を始めるにあたり「軽バンを購入するほどのまとまった資金が無い」、「できるだけコストをかけずに開業したい」といった方には軽バンリースがおすすめです。

軽バンリースは新車リースもありますが、よりコスト削減と新規参入リスクを低減させるには中古の軽バンリースが最適です。

新車の場合、リースとは言え契約期間が3年~5年と長期にわたってしまいます。

まだ事業が成功するかわからない開業段階では、このような長い契約はリスクに感じるでしょう。

弊社の中古車リースなら最短1ヶ月の超短期から契約できます。

独立前のお試し期間にぜひ中古車リースを利用してみてください。

【ポイント】
弊社の中古車リースには自賠責保険費用や車検費などが含まれているうえに、タイヤとバッテリーは新品交換で引き渡されるためお得です。

▼今すぐ事業を始めるなら軽バンリース!▼

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

よくある質問(FAQ)

よくある質問

Q1:黒ナンバー軽バンをプライベートで使ってもいいですか?

A:問題ありません。

弊社のリース車についてもリース期間中に自家用車として使って頂いて大丈夫です。

Q2:中古車軽バンの故障リスク等はありませんか?

A:厳選された中古車をしっかりと整備し使用しておりますので故障は起こりにくい状態で納車されます。

それでも万が一故障した場合、早急に代車車両との入れ替えが可能です。

まとめ:黒ナンバー車のプライベート利用はOK

黒ナンバーの軽バンをプライベートで利用しても問題ありません。

長距離移動のガソリン代は営業用クレジットカードは使用しないようにしましょう。

配送業務を始めたばかりなど、不安な時期は軽バンを1台のみにしてプライベートでも利用することでトータルのコストを削減できます。

どうしても座席数の多い乗用車が必要な時は、レンタカーやカーシェアリングを利用すると便利です。

安心!
はじめての軽バンリースでも心強い、
3大特典

特典1
タイヤ・バッテリー新品交換渡し!
ガンガン走れます。
※6ヶ月以上のプランで適用される特典です
特典2
配達中の故障時、迅速に代車提供可能!
特典3
配達中の事故時、レッカー代は無料!

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

軽配送フリーランスにおすすめの記事