黒ナンバーつきの軽バンはリース・レンタルで。1ヶ月~短期もOK・金額・選び方は?

2021.09.02

黒ナンバーつきの軽バンはリース・レンタルで。1ヶ月~短期もOK・金額・選び方は?

インターネットショッピングや個人間売買(メルカリ等)の増加で、日本の宅配便量は増加を続けています。

そこで注目されているのが、軽バンを利用した「軽貨物配送」です。

本業の合間に行う方や個人事業主として独立する方が増えています。

本記事では事業ですぐに利用できる黒ナンバーつき軽バンの短期リース(1ヶ月~OK)について、金額や選び方を解説していきます。

【ポイント】
軽バンをリースで借りれば、新車や中古車を購入して事業を始めるより、手軽(ローリスク)かつ安く事業を開始できますよ!

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

貨物軽自動車運送事業(黒ナンバー)はリース車でもOK

貨物軽自動車運送事業(黒ナンバー)はリース車でもOK

黒ナンバーの軽バンはリース車でも問題ありません。

アマゾンの配送を行うアマゾンフレックスでも問題なく使えます。

リース車なら面倒な車両購入や黒ナンバー取得手続きは一切不要です。

レンタル後すぐに配送を行えますし、初期投資もリース料だけで済みます。

黒ナンバーとは?

黒ナンバーとは黒字に黄色文字のナンバープレートを指し、営業用の軽自動車が使用しているナンバーです。

一般の自家用車についている白ナンバー(白地に緑文字のナンバープレート)で配送業を行うことはできません。

運賃を得て配送業を営むには営業車(黒ナンバー)を利用するよう法律で定められています。

中でも初期投資を抑えて開業できる軽自動車用の黒ナンバーは多くの注目を集めています。

なお、黒ナンバーは「貨物車」のための4ナンバー(保冷車などは8ナンバー)のみです。

5ナンバーのワゴンRやアトレーワゴンの場合は、4ナンバー登録するために後部座席を取り外すなどの構造変更が必要です。

■参考:【2021年最新】黒ナンバー取得方法(軽貨物運送の開業)や名義変更の手続きをわかりやすく解説

手持ちの軽バンを黒ナンバーにすることはできる?

手持ちの軽バンを黒ナンバーに変更することもできます。

現状、手持ちの軽バンは自家用車登録のためナンバーは「黄色ナンバー」です。

これを返却し、黒ナンバーを取得します。

ナンバーを返却して再取得するため番号は変更されてしまいますが、車検期間はそのまま引き継がれます。

【注意】
ただし、自家用軽バンを事業用に変えるにはリアシートの取り外しなどの改造が必要です。
手間もかかるためあまりおすすめできません。

■参考:一般軽自動車を事業用軽バン(黒ナンバー)に用途変更して使える?メリット・デメリットあ後部座席の改造について解説。

黒ナンバーの届け出には手間がかかる

黒ナンバーの届け出には、運輸支局や軽自動車協会などの各所に多くの書類を提出しなくてはいけません。

書類の準備や届け出には多くの時間手間がかかります。

その煩雑さは、黒ナンバー取得の代行業務を専門に行う行政書士(行政への書類を作成してくれる専門家)がいるくらいです。

もちろん行政書士にお願いすれば面倒な手間は発生しませんが、費用(¥30,000~¥50,000程度)がかかります。

手間と費用をおさえるには、軽バンリースがおすすめです!

弊社では中古車をリースで貸し出しているため、黒ナンバー取得済みの軽バンをすぐにお渡しできます。

 費用手間
自分で行う×
行政書士に依頼する×
軽バンリースを利用する◎(リース料に含まれている)◎(かかりません!)

黒ナンバーつきカーリース・カーレンタルとは?

黒ナンバーつきカーリース・カーレンタルとは?

黒ナンバーつきカーリースとは、事業用軽バンをリースで借りられるサービスです。

すでに黒ナンバーがついている中古車のリースなら、初期費用も手間もおさえられると注目されています。

最大のメリットはリース契約が終わり、車が届いた瞬間から配送業務ができるところです!

弊社では最短1ヶ月からリース契約が結べますので、「どの程度稼げるか試してみたい」「手持ちの軽バンが壊れたので代車が必要」といった用途にもご利用いただけます。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

リース金額相場は?

軽バンリース金額は利用する業者や地域によって大きく異なります。

以下は弊社が調べた平均的な金額です(参考程度にご覧ください)。

【軽バンリースの相場】
・1ヶ月リース:約6.5万円
・3ヶ月リース:約5万円/月
・6ヶ月リース:約4.5万円/月
・12ヶ月リース:約3.8万円/月

基本的にリース金額に、車検、軽自動車税、重量税、自賠責、黒ナンバーの取得が含まれています。

任意保険は含まれていませんので別途加入が必要です。

これらは一般的な傾向ですので、契約前に必ず再度どの料金が含まれているのか、含まれていない項目は何かを再確認してください。

弊社の料金表

弊社(日本軽バンレンタリース)の料金表は以下の通りです。

貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

レンタル期間について

黒ナンバーつきの軽貨物自動車のレンタル期間は各社異なります。

一般的には最短6ヶ月から6ヶ月単位での契約が多く、契約期間が長ければ長いほど1ヶ月あたりのリース料は安くなります。

しかし、「新たに配送業務を行いたい」、「故障車の代車がほしい」といった場合は、お得だからと言った長期間のリース契約を結ぶのはハイリスクです。

そういった場合は、短期間でも契約できる軽バンリース業者を見つけて、必要最低限の期間分だけリース契約を結びましょう。

弊社では最短1ヶ月からのレンタルにも対応しております。

リスクを最小限におさえたい方の契約ニーズにも十分対応できます(詳細は次の章で説明します)。

弊社では最短1ヶ月からリース可能

弊社(日本軽バンレンタリース)では、最短1ヶ月からのリースが可能です。

【こんなときにおすすめ】
・配送用の車の故障
・リスクを最小限におさえて開業したい
・今すぐアマゾンフレックスをはじめたい

このようなご希望をお持ちの方はぜひお気軽に弊社にご相談ください。

いつから借りられるの?

新車や黒ナンバー未取得の中古車の場合、ナンバー取得手続きに時間がかかるため、引き渡しには2週間~1ヶ月程度時間が必要です。

弊社の軽バンリースは、所有の中古軽バンをすでに黒ナンバー登録しているため、最短で当日中(8時間後)に引き渡せます!

急な配送車の故障時もどうか諦めずに弊社にご相談ください。

新車・中古車どちらがおすすめ?

初期投資を抑えたいなら断然「中古車」がおすすめです!

新車は快適ですがやはりコストが高くなりがちです。

新車リースを利用するにしても、リース期間は5年以上の長期使用がメインで審査ハードルもあがります。

軽貨物配送で生計を立てられるかわからない段階では、リスクの高い新車は避け中古車のリースを選ぶのが安全です。

自社(税込) A社 B社
納車までの
期間
当日・
最短8時間後
30~60日 不明
リース期間 最短
1ヶ月~
最短4年~ 最短1年~
黒ナンバー
対応

×
車両タイプ 中古車
メイン
新車
メイン
新車・
中古車
リース審査 やさしめ・
はやい
厳しめ・
おそい
おそい


お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

黒ナンバーつき軽バンリースの選び方

軽バンをリースする業者によって、リース期間やいつから借りて使用できるようになるか大きく異なります。

お住いの地域、新規開業したい地域など、自身のニーズにあったリース業者をお選びください。

今すぐ借りたい人は中古車リースがおすすめです。

黒ナンバーつき軽バンリースが適しているケースとは?

黒ナンバーつき軽バンリースが適しているケースとは?

新規開業のために新車や中古車を購入する場合、初期費用がかかります。

ローンでの購入も可能ですが、ローン支払い期間中に配送業務を終了した場合にはローンのみが残るリスクがあります。

1ヶ月の短期リースでお試し感覚で配送業務をスタートすれば、初期費用をおさえられるうえに、短期で終了した場合のリスクも最小限にできます。

1気軽に副業したい・リスクを最小限に抑えて開業したい

とにかくリスクをおさえたいかたに軽バンリースはぴったりです。

【こんなときにおすすめ】
・隙間時間を利用して配送業務を行いたい
・リスクを最小限におさえて開業したい
・黒ナンバー取得が面倒

2車両の故障や不足などの緊急の場合

現在使用している軽バンが故障してしまった場合は、人手があっても荷物の配送に迎えません。

そのような緊急事態にも黒ナンバー付き軽バンリースなら対処可能です。

弊社の軽バンリースなら最短当日中(8時間)に黒ナンバー付きの軽バンをお渡しにいきます。

契約も最短1ヶ月で行えるため車の修理期間にあわせてご契約いただけます。

【コラム】必ずプラットフォームの公式リースサービスを利用しないといけないの?

一部のプラットフォーム(荷主とドライバーをマッチングさせるサイト)では、新規参入者に対して軽バンをリースするサービスを提供していることがあります。

たとえば、「PickGo」を提供するCBcloudによる「PickGoカーリース」などが有名です。

とは言え、必ずしもこういった公式サービスで軽バンをリースする必要はありません。

他社で借りた軽バンでも問題なく契約できます。

自分の希望や条件にあわせて「どこで軽バンをリースするのか」を検討してみてください。

弊社なら最短1ヶ月~リースできます!

【注意】
プラットフォームのリースサービスでは、借りた車に会社のロゴや宣伝などが書いている可能性があります。

よくある質問(FAQ)

よくある質問

Q1:日本軽バンレンタリース株式会社では短期のリースに対応していますか?

A:最短1ヶ月~リースに対応しています!

他社では難しい代車用途の短期リースや独立前のテストリースにご利用ください。

Q2:日本軽バンレンタリース株式会社の軽バンはすぐに利用できますか?

A:はい!すぐにご利用いただけるようにきちんと整備したうえで引き渡します。

黒ナンバーもすでに取得済みですので面倒な手続きはございません。

まとめ:黒ナンバーつき軽バンをリースすればすぐに配送業を始められます!

アマゾンフレックスなどの配送業務をすぐに始めたいなら黒ナンバーつき軽バンリースがおすすめです!

弊社の中古車リースなら当日(8時間後)から使用できます。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

軽配送フリーランスにおすすめの記事