軽バンのかっこいい改造、おしゃれなカスタム事例を画像で紹介!

2021.09.14

軽バンのかっこいい、おしゃれなカスタム事例を画像で紹介!

軽バンで配送業務を行う場合、ただ軽バンを用意しただけでは効率良い仕事が出来ません。

荷物を安全に効率よく運ぶには「軽バンのカスタム」が重要です。

カスタムで効率よく配送できるようになれば、収入アップに繋がります。

本記事では「軽バンの使い勝手を良くするための荷室工夫やカスタムの事例」を紹介します。

記事の後半では、参考までに軽バンをキャンピング仕様にするカスタムも簡単に紹介します。

▼今すぐ事業を始めるなら軽バンリース!▼

貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/


▼気になる項目までタップで移動できます

  1. 軽配送業向けのカスタム
  2. キャンプ用カスタム

軽貨物配送業向けの軽バンカスタムとは?

軽貨物配送をスムーズに行うための軽バンカスタムとは?

軽バンを使いやすくするためのカスタム例を紹介します。

購入した軽バンであれば、穴あけや改造は当然持ち主の好きなように自由にできます。

ただし、リース車の場合は必ず元の状態(現状回復)に戻せるカスタムに留めてください。

リース車は自分の持ち物ではないため勝手な改造はできません。

もし元の状態で返却できなければ、追加費用が発生する可能性があります。

【注意】
リース車に対しては、穴あけなどの不可逆性の高いカスタムは行わないでください。

みんなどんな感じでカスタムしているの?

登録者数約5万人の軽貨物配送ドライバー兼Youtuberである「ごーしんさん」の軽バン車内を見てみましょう。

この動画の中では車内のガジェット類をおもに紹介されています。

配達に便利なグッズだけでなく、アルコールチェッカーも積み込まれていてドライバーとしての意識の高さを感じますね。

その他、一般的なカスタムでは以下で紹介していきます。

▼日本軽バンレンタリースではごーしんフリーランスTVさんとコラボしました!
弊社や軽バンリースについての「ぶっちゃけ」を語っています!

1.荷室をフラットにする

荷室の改造
出典:Aline 

軽バンの荷室は塩ビのシートが敷いてありますが、その床面は凸凹であり荷物を積んだ時に荷崩れを起こしやすいです。

塩ビは荷物の滑りも悪く、積み下ろしの際に誤って荷物を破損してしまうリスクもあります。

荷室をフラットにすると同時に、ホームセンターで販売している「塗装合板」を敷詰めるといいでしょう。

片面塗装されているため見た目と実用性に優れています。

軽バンなら2枚用意し床面形状にあわせ加工すると良いでしょう。

合板が走行中や作業中にズレてしまうことのないように、裏面をズレないように加工することも大切です。



2.車内にLEDライトを設置する

LEDライト

運転席のマップランプを夜間の視認性を高めるためにLEDに換えることをおすすめします。

省電力で明るいLEDに換え、荷室にもLEDテープを増設するとより明るく安全に夜間の伝票確認ができます。

純正オプションで高輝度LEDルームライトを設置してもらう方法もあります。



3.仕切りをつける

ビニールシート

運転席と助手席の後ろにビニールの間仕切りを取付けると、運転席の臭いが荷室に流れ出るのを防げます。

農業用の資材コーナーにある透明なビニールシートを使うといいでしょう。

ピッタリフィットするサイズでの仕上がりにこだわるなら、メーカー純正オプションがおすすめです。



4.荷室に棚をつける

荷室に棚を設置するのも定番のカスタムです。

リヤシート用のアシストグリップと取り外し、そのビス穴を利用し棚を設置するケースが多いです。

あまり重いものは置けませんが、小箱は十分載せられます。

ただし、天井全体に棚をつけてしまうと積載量が落ち、高さのある荷物が積めなくなります。

棚の設置は配送する荷物の種類に応じて検討してください。

【ポイント】
今までのカスタムとより難易度が高いため、ディーラーオプションでの純正品利用も検討しましょう。
マルチルーフバーやネットラック(エブリイ)などで純正品の用意があります。

▼荷室に棚をつける動画を紹介します

5.細かいカスタム(スマホスタンドなど)

スマホスタンド

安全な運転のためにスマホスタンドは必須です。

スマホを持ちながらの「ながら運転」は危険度が高く厳罰化も進んでいるため絶対にやめてください。

スマホスタンドとあわせてワイヤレスイヤホンも用意しましょう。

あとは、配送業務とは直接関係しませんが、ドリンクホルダーやS字フックがあると便利です。

ドリンクホルダーは、エアコン吹き出し口に設置できるものがホームセンターなどに多数売っています。

S字フックは、リヤサイドの窓ガラス付近に取付けられるクォーターウインドゥパイプに引っ掛けて、掃除用品などを吊るすといいでしょう。



▼今すぐ事業を始めるなら軽バンリース!▼

貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

荷室の改造、DIYは必要?

荷室の改造、DIYは必要?

荷室の改造やカスタムは必ずしも必要ではありません。

何のカスタムがなくても配送業そのものは行えます。

とりあえず、床にコンパネを敷く程度で配送業務をスタートさせて、「あったらいいな」に気づいたら少しづつカスタムしていくのも良いでしょう。

荷室のカスタムは効率的な業務だけでなく、荷物の安全な運搬破損トラブルの防止にもつながります。

■便利グッズの紹介記事:軽貨物配送におすすめ!買ってよかった台車・便利グッズ5+10選紹介!

DIY初心者はどうしたらいい?

DIY初心者はどうしたらいい?

カスタムに不安がある方は、インターネット上の情報を参考にしてみてください。

ブログやYoutubeで実際の改造方法を紹介している方がいます。

床材の加工は荷室の寸法さえしっかり測れば、ホームセンターで加工してもらえます。

こういった加工サービスを利用すれば、電動ノコギリなどを用意する必要はありません。

それでもどうしても不安な場合は、メーカー純正品に頼ったり、軽バンのカスタムが得意な業者に外注したりすると良いでしょう。

費用はかかりますが、仕上がりは抜群です。

外注を検討するのもアリ

スマホスタンドやドリンクスタンドは自分で設置できても、荷室の改造にハードルを感じる方は思い切って外注も検討してみましょう。

DIYのスキルをもった人をジモティーくらしのマーケットで探して依頼します。

プロに依頼できるので綺麗な仕上がりが期待できます。

空いた時間で、開業に向けた書類の準備や細かい用意(筆記用具やファイルの購入)などを行うと効率的です。

【メモ】
今後事業を拡大していきたいと考えている方は、これを機に「外注」に慣れていくといいでしょう。

軽貨物配送以外にも軽バンは使える!キャンパー注目の車

軽バンでキャンプ

軽貨物配送以外でも軽バンの使い道は多くあります。

その中の1つで現在注目を集めているのが、アウトドアでの車中泊です。

軽バンをキャンパー仕様にすれば大人2人が過ごせるスペースが生まれます。

DIYで改造してもいいですが、キャンピング仕様のカスタムについては専門業者が多くあります。

価格帯も豊富で、簡易なカスタムから本格的なカスタムまでさまざまな使用が用意されています。

1.エブリイをおしゃれカスタム

リモートワークが増える中、社内で仕事をしたいという人も増えています。

スズキエブリイをベースに自分だけの秘密の部屋をDIYで作った事例を紹介します。

天井には断熱材を入れ、温かみのある板で覆う造りはまさに木造建築の家です。

自作のテーブルやインバーターにソーラー発電装置を備え電源を確保するなど本格的な仕上がりです。

2.実用性あふれるカスタム

ホンダで販売していたアクティバンをベースにカスタムした事例です。

外装はオフロード走行性能を意識したデザインで、ジムニーのパーツも流用するなどメーカーを超越したカスタムです。

内装は車中泊が可能なスペースが用意され、インバーターFF式ヒーターも設置されています。

ルーフに設置した大型のソーラーパネルと走行充電で、外部からの電気供給がなくても電気を使い続けられます。

3.車中泊できる軽バンカスタム

キャンピングカーと言うよりも、そのまま生活できてしまう軽バンカスタムです。

キャリイのOEMであるマツダスクラムをベースに、冷蔵庫、IH調理器、シンクなど備え給排水タンクも装備します。

床面積に限りのある軽自動車で、ベッドのクッションを分割してその下に収納スペースを作る工夫が素晴らしいです。

食器・インバーター・給排水タンクなどが床下にあります。

1人のみではなく2人が車中泊可能で実用性に優れた軽バンカスタムです。

よくある質問(FAQ)

よくある質問

Q1:リース車をカスタムしてもいいですか?

A:リース車のカスタムは返却時に元の状態に戻せるレベルに留めてください。

穴をあけなど不可逆的なカスタムは原則厳禁です(弊社のリース車については別途お問い合わせください)。

Q2:軽配送業を行うときに必要な軽バンカスタムは何?

A:荷室をフラットにして車内LEDを設置するカスタムは多くの人が行っています。

その他は運ぶ荷物の種類にもよりますが、棚を設置する人もいます。

まとめ:軽バンはカスタムして使いやすくしよう

軽バンの荷室を使いやすくカスタムすることで、作業効率がアップし、荷物を安全に運ぶことができるようになります。

効率性を上げれば、配達量も増え収入アップにつながります。

毎日の配送業務の中で、効率化できるところがないか常に考えながら仕事することが大切です。

ただし、リース車の場合は、元の状態に戻せる程度の改造やカスタムだけにしましょう。



安心!
はじめての軽バンリースでも心強い、
3大特典

特典1
タイヤ・バッテリー新品交換渡し!
ガンガン走れます。
※6ヶ月以上のプランで適用される特典です
特典2
配達中の故障時、迅速に代車提供可能!
特典3
配達中の事故時、レッカー代は無料!

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

軽配送フリーランスにおすすめの記事