トラブル防止に必見!軽貨物運送業のよくある失敗・ミスと回避する方法のまとめ【初心者向け】

2021.09.14

トラブル防止に必見!軽貨物運送業のよくある失敗・ミスと回避する方法のまとめ【初心者向け】

軽貨物配送業は初心者の方でも始めやすい、独立しやすい業種です。

Amazonフレックスも初心者OKで、フリーランスや独立開業を考える方にとって嬉しい環境が揃っています。

初心者でも仕事は始められますが、何もノウハウがないためミスをしてしまうこと多いです。

軽貨物運送業では、荷主やお客様からの評判・信頼が生命線です。

あらかじめよくあるミスを知っておき、できるだけ初心者が起こしやすいミスを回避するようにしましょう。

本記事では、「軽貨物運送業でよくある失敗例やミス」「トラブルを未然に防ぐ方法」をまとめました。

【ポイント】
どんなに気を付けていてもミスは起こるものです。
もし、何かミスをした場合は速やかに関係者に連絡し信頼回復に努めましょう。

■軽配送業で独立し失敗しないための秘訣はこちらで解説:軽貨物ドライバーが独立・成功するコツ

▼今すぐ事業を始めるなら軽バンリース!▼

貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

【初心者必見】軽貨物配送でよくあるトラブルと失敗

軽貨物配送でよくあるトラブルと失敗

実際に起こるトラブルの原因は何でしょうか?

実はその大半が、「自分の確認や連絡のミス」が原因です。

その後、慌ててしまったために、お客様に誠実な対応ができずトラブルを大きくしてしまうケースもよくあります。

1.お客様へのマナー

不在表を入れたお客様からの電話連絡にはしっかり対応しましょう。

とくに重要な再配達日時は復唱し、相互の認識を一致させ、自身も勘違いを起こさないよう気を付ける必要があります。

トラブル発生時の電話対応は、いつも以上に丁寧に対応するよう心がけましょう。

お客様に悪い印象を与えず、誠実な対応を行うことが、トラブルを大きくしないポイントです。

【注意】
安全運転のためにも、通話は安全な場所に停車して行うことを強く推奨します。
また、ハンズフリー状態でも都道府県の条例によっては違反になる可能性があるのでご注意ください。



▼ワイヤレスイヤホンがあると便利▼

2.荷物の破損、汚損

配達中の荷物の破損や汚損は、場合によっては賠償責任を問われる可能性があります。

また、賠償請求はされなかったとしても、お客様に荷物を無事届けることが出来なかったとして、大きなマイナス評価を受けてしまいます。

不注意による破損や汚損は、発生時に必ず届け先に連絡しましょう。

配達時に中身が不安な場合は、お客様先で開封してもらい一緒に確認することも大切です。

不在で持ち帰りの荷物をすぐに配達できなかったときも、配達中と同様に丁寧に荷物を取り扱ってください。

持ち帰り中の破損や汚損についても責任を問われる可能性があります。

また、破損や汚損の責任をはっきりさせるためにも、荷主から荷物を預かる際に荷物の状態をよく確認しましょう。

委託業者に多い例として、他の配送業者が運んできた荷物を宅配するケースがあります。

そういった場合は荷物を引き継ぐときに、その時点で汚損や破損が無いかよく確認し荷物を預かりましょう。

3.荷物の遅配、誤配

荷物を正確にお客様に届けることは軽貨物運送業の基本です。

時間指定のある荷物は、その指定の時間の範囲内で届けましょう。

早くても遅くてもトラブルの原因になります。

どうしても、早く届けたい場合や渋滞で指定の時間に遅れそうな場合は、必ず電話連絡し確認しましょう。

誤配は確認不足と思い込みによって発生します。

荷物の積み込み時、荷下ろし時、お客様に手渡す際その都度確認することが大切です。

とくに荷物の形状が似ているとき同じ建物内で複数の配達をするときにはより一層の注意が必要です。

【注意】
置配の増加から、よく確認せず思い込みで荷物を置いてしまうトラブルも増えています。
置配であっても最後の確認は必ずしてください。

4.不在表の記入ミス

不在表には、荷物番号やドライバーの携帯電話番号を記入します。

正確に記入したつもりでも、字が汚いため判別ができないケースが多々あります。

忙しくても不在表の文字は大きく丁寧に書くように心がけてください。

宅配ボックスに配達したときも同様です。

暗証番号を不在表に記載するタイプの場合は、暗証番号の設定、記入も間違えないようにしてください。

5.車両故障(バッテリー上がり)

軽バンの車両故障でよくある原因が「バッテリー上がり」です。

夏場はエアコンの長時間利用でバッテリーへの負担も大きくなります。

バッテリーの寿命は2年~3年と考え、車検の都度交換しましょう。

また、軽貨物運送業では、伝票やメモの記入など車内でルームランプを多用しがちです。

こういったランプも消し忘れないようにして、バッテリー上がりを防ぎましょう。

万が一のバッテリー上がりに備えて、ジャンプコードを車に備えておくと安心です。



弊社の軽バンリースならタイヤ・バッテリーは新品交換済み!

弊社(日本軽バンレンタリース)の軽バンリースはお渡し時にタイヤとバッテリーをすべて新品に交換しています。

そのため、受け取った日からメンテナンス不要ですぐにガンガン走れます、

また、当日納品(最短8時間)も可能なため、急な車両故障時の代車としてもお使いいただけます。

弊社の軽バンリースのメリット

  • 黒ナンバー取得済み(自分での手続きは不要)
  • 最短1ヶ月から契約できる
  • 最短8時間で手元に届く
  • タイヤ・バッテリー新品交換渡し
貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

■参考記事:黒ナンバーつきの軽バンはリース・レンタルで。1ヶ月~短期もOK・金額・選び方は?

配送トラブルを防ぐためにできること

配送トラブルを防ぐためにできること

多くの配送トラブルは、ちょっとした工夫で未然に防げます。

荷物を破損・汚損させないための荷室の工夫や、車両のトラブルを未然に防ぐためのメンテナンス、誤配しないための伝票確認などを徹底させましょう。

常に基本に立ち返り、手抜きをしないことがトラブル防止のコツです。

お客様に好印象を持ってもらうコツ

お客様に好印象を持ってもらうためには、まず見た目に気を付けましょう。

第一印象で良くない印象を抱かれてしまっては損です。

作業着が汚れていないか、手袋が汚れていないかよくチェックしましょう。

とくに手袋は汚れやすいため、予備を車にストックしておくと安心です。

また、電話対応での印象も重要です。

お客様との電話連絡時は、丁寧な言葉遣いで明るく話すようにしてください。

電話は相手の顔が見えない分、顔をあわせて話すとき以上に、元気で明るい声を意識的に使う必要があります。

【ポイント】
丁寧な対応は、お客様からの信頼性が高まり継続的な荷物の依頼が期待できます。

荷室の工夫

誤配を防ぐには、荷室の整理整頓が重要です。

荷室フロアを綺麗に保ちやすくするため、板張りにしたり、折り畳み式のコンテナを利用することをおすすめします。

棚の設置も有効に思えますが、棚があると大きな荷物が積めなくなります。

自分が委託している荷物の種類や大きさを考えながら、自分の配送に適した工夫をしていってください。

▼荷室の整理に便利なアイテム▼

伝票の確認

伝票の確認は、積み込み時、荷下ろし時、配達時何度もチェックしましょう。

誤配は荷主や届け先のお客様、間違って届けた先の方など、関係者全員に迷惑をかけてしまう影響範囲の大きなミスです。

車のメンテナンス

車のメンテナンスを怠っていると思わぬトラブルに巻き込まれます。

エンジンオイルの劣化・減少によるエンジン焼付き、クーラント劣化によるオーバーヒート、バッテリー劣化によるバッテリー上がりなどのトラブルが想定されます。

車の定期点検やオイル管理などのメンテナンスは軽貨物運送では重要です。

【ポイント】
弊社(日本軽バンレンタリース)の軽バンリースはお渡し時にタイヤとバッテリーをすべて新品に交換しています。

実際にトラブルに遭遇したらどうすればいい?

実際にトラブルに遭遇したらどうすればいい?

トラブルに気づいた時点ですぐに対応することがポイントです。

後回しにする、言い訳をするといった行為は、よりトラブルが大きし、お客様を失うことに繋がります。

荷物の破損や汚損に気づいた場合は、その旨お客様に謝罪を含め連絡するとともに、対応方法を話し合いましょう。

誤配に気づいた時も同様です。

車のトラブルで配達が遅れる場合には、必ずお客様に連絡しましょう。

とくに時間指定のある荷物は要注意です。

お客様に連絡しなかった場合、車のトラブルだけでなく遅配トラブルにもなりより信頼性が失われる危険性が高まります。

急に代車が必要になったときは弊社にお任せください

弊社(日本軽バンレンタリース株式会社)では、緊急時の黒ナンバー付き軽バンのリースにも対応しています。

最短即日納車・1ヶ月からリース契約できるため、修理期間にあわせて柔軟にレンタル期間を決められます。

どのようなピンチな状況でもぜひ一度ご相談ください。

もらい事故・相手方の過失割合が明らかに大きい事故では、相手方の保険会社から代車相当額を全額補償してもらえる可能性も高いです。

保険会社とのやりとりを、代車提供会社として間に入って行うことも可能ですのでお任せください。

【ポイント】
弊社は業界最速レベルの黒ナンバー登録スピードを実現。車両引き渡しを受けたらすぐに代車として利用できます!

▼代車の手配、最短即日OK▼

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

【コラム】元請けさんとのトラブルでこんなことが起こり得るかも…

軽バンリース会社は多くありますが、実は「独立系の軽バンリース会社」は非常に少ないです。

リース車を利用している方でよくあるケースが「元請けさんから紹介された会社でリース契約を結んでいる」です。

このパターンでは元請けさんと揉めた・トラブルが起きてしまった時に、仕事は切られたのにリース契約だけが残ってしまう危険性があります。

その点、弊社(日本軽バンレンタリース株式会社)は独立系軽バンリース会社であるため、こういった心配はございません。

元請け先が変わろうとも引き続き安心してご利用いただけます。

▼軽バンリース車、最短即日OK▼

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

よくある質問(FAQ)

よくある質問

Q1:軽配送業でのトラブルを防ぐにはどうしたらいいですか?

A:トラブルの原因は「連絡不足」が大半です。

イレギュラーな事態やミスに気付いた際はすぐに連絡するようにしてください。

配送ミスを防ぐために荷室に折り畳みコンテナを入れるなどしてもいいでしょう。

Q2:配送中に車両故障に遭いました。どうすればいいですか?

A:バッテリー上がりなど簡単な故障はその場で直せるようにしておきましょう。

それ以外の場合は関係者に連絡して指示を仰いでください。

弊社では車両事故時の代車リースにも対応しています。

最短1ヶ月・即日納車もできますのでお気軽にご相談ください。

まとめ:事前の備えでミスを回避しよう

伝票のチェックは何度も行ってください。

伝票チェックだけでも多くのトラブルを防げます。

あとは、清潔な身だしなみでお客様からの好印象を得るようにしましょう。

商売道具である車のメンテナンスも重要です。

バッテリー上がりを中心に、タイヤのパンクなどが起こらないように日頃からメンテナンスを徹底してください。



安心!
はじめての軽バンリースでも心強い、
3大特典

特典1
タイヤ・バッテリー新品交換渡し!
ガンガン走れます。
※6ヶ月以上のプランで適用される特典です
特典2
配達中の故障時、迅速に代車提供可能!
特典3
配達中の事故時、レッカー代は無料!

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

軽配送フリーランスにおすすめの記事