AmazonFlex・ハコベル・PickGo・その他軽貨物や配送業で個人事業主として稼ぐ方法8選紹介!

2021.09.07

AmazonFlex・ハコベル・PickGo・その他軽貨物で個人が稼ぐ方法8選紹介!

軽貨物ドライバーは、会社に所属せずに個人事業主として開業する方も多いです。

個人事業主になれば、会社の指示を受けずに自分の裁量で自由に仕事ができます。

しかし、「実際に独立したとしてどうやって仕事を取ってこればいいのか」という不安も大きいでしょう。

本記事ではアマゾンフレックスを中心に「軽貨物配送業で個人が稼ぐ方法」について紹介していきます。

▼今すぐ事業を始めるなら軽バンリース!▼

貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

フリーランスの軽貨物ドライバーとは?

フリーランスの軽貨物ドライバーとは?

軽貨物ドライバーの多くは個人事業主として配送業務を行っています。

基本的には、アマゾンフレックスなどのプラットフォームに登録し、そこから仕事を得ています。

運送会社に雇用されているドライバーとは異なり、仕事量や業務時間を自由に決められるのが魅力です。

働いた分だけ報酬が支払われるため、本人の能力努力次第では雇われドライバー以上の高収入も目指せます。

稼げる金額については下記の記事で詳細に解説していますが、月収平均は32万円といわれています。

ただし、軽貨物ドライバーは自身のやり方や頑張り次第で収入が大きく変わるため、働き方によっては月100万円を稼ぐのも不可能ではありません。

自分で多くのオファーを得て、効率的に回れれば月収40万円も見えてくるでしょう。

【ポイント】
アマゾンフレックスだけでなく、ハコベルなどいくつかのプラットフォームを掛け持ちするのが高収入への道です。

■参考:「稼げない…」は嘘!?フリーランス軽貨物ドライバーで独立、成功パターン・狙える年収は?

開業のハードルと費用が低い

軽貨物以外の一般貨物自動車運送業の場合は、初期投資が1,000万円以上かかる場合が多いのです。

しかし、軽貨物運送業は「運転免許」と「軽バン」があれば開業でき、圧倒的に開業コストが低いです。

もっともコストのかかる車両費(軽バン)に関しても、中古車リースを利用すればよりコストをおさえられます。

■参考:軽貨物(黒ナンバー軽バン)の開業費・月額維持費・燃費などまとめ【費用を劇的に下げるコツも公開中】

▼今すぐ事業を始めるなら軽バンリース!▼

貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

軽貨物配送で稼ぐ方法8選

軽貨物で稼ぐ方法

軽貨物で稼ぐためのプラットフォームやサイトを紹介します。

どの会社も「①営業許可取得済の軽貨物ドライバー」「②軽貨物車両(軽バン)がある」「③任意保険に加入済み」を条件にしています。

軽貨物ドライバーとして稼ぐために、最低限これらの条件は満たしておきましょう。

■参考:黒ナンバー軽貨物に任意保険は絶対加入必須!保険料・事故例などのまとめ

1.AmazonFlex(アマゾンフレックス)

Amazonflex

アマゾンフレックスでは、アマゾンで注文された商品をお客様に配達するドライバーを募集しています。

ブロックと呼ばれる働く時間やエリア、時間帯によって報酬が変動する仕組みです。

玄関先に荷物を置く「置き配」ができるようになり、徐々に再配達の手間は少なくなっています。

着実に仕事を進めることで「優先オファー」が来るため、プラットフォームを利用してコンスタントに稼ぎたい方にはおすすめです。

■必要な保険:任意保険(対物1億円以上、対人無制限)

【注意】
アマゾンフレックスは始めやすさや知名度の高さから、一部地域ではドライバーが過多になっています。
安定的に稼ぐにはほかの業者との掛け持ちも検討してみてください。

2.ハコベル

ハコベル

アプリで登録可能なハコベルは、ラクスル株式会社が運営する配送マッチングプラットフォームです。

依頼内容は、「距離によって報酬が決まる距離制」「運行時間によって報酬が決まる時間制」があります。

仕事は早いもの勝ちですが、仕事の案件数が少ないと言われており、なかなか案件が回ってこないドライバーも多くいます。

■必要な保険:任意保険(対人対物補償無制限)

3.PickGo

PickGo

アプリで簡単に登録できる日本最大規模の配送マッチングプラットフォームです。

全国で2.8万人以上のフリーランスドライバーが登録しています。

荷物のトラブル時など24時間サポート体制もあり、貨物保険※にも加入しているなどドライバーに優しい制度が整っています。

1件の仕事に対して希望者がたくさんいる場合は、ベテランドライバーや信頼を積み重ねたドライバーが選ばれます。

早いもの勝ちではありませんが、初心者は選ばれにくい傾向がありその点は若干のデメリットです。

【貨物保険の利用について※】
貨物保険を利用する場合に10万円の免責金額があります。
免責金額もカバーしたい場合は、自身で保険に入る必要があります。

4.ハコブリッジ

ハコブリッジ

株式会社ルーフィが運営するハコブリッジは、緊急配送が必要になった場合に迅速に配送車両を手配する法人専用の車両マッチングサービスです。

運送会社でセンター間で誤配が生じた際など緊急配送が必要になる場合があります。

このような事態に専門的対応するのがハコブリッジです。

おもに首都圏及び中部地区を中心にサービスを提供しています。

対象地域で配送業務が可能なら、空き時間の有効活用目的として登録しておくとよいでしょう。

▼今すぐ事業を始めるなら軽バンリース!▼

貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

5.ケイハイ

ケイハイ

軽貨物ドライバーでどんどん仕事を取りたい方と軽貨物運送の仕事を依頼したい運送会社をマッチングさせるのがケイハイです。

仕事可能な都道府県を選択し、宅配やチャーター便、スポット配送、ルート配送など希望の業務分野を選び仕事を受けることができます。

ケイハイの仕事はスポット&チャーター便が約8割であるため、隙間時間に荷物を運びたい方向けのサービスです。

法人名や車の形状などを入力し、業務委託基本契約書を締結すれば登録完了です。

6.軽のシゴトドットコム

軽のシゴトドットコム

軽貨物だけの求貨・求車情報を専門に扱う完全無料のマッチングサイトです。

必要な時に必要なだけ、荷物の配送依頼を行います。

ヤマト運輸や日本郵便、SBSグループなど業界トップクラスの掲載企業数を誇ります。

都市部での稼働が条件となりますが、月に40万円以上の仕事依頼も期待できるサイトです。

希望の収入額の記入欄もあり、副業感覚で配送を行うか本格的にフルタイムで配送を行うかを自身で決められます。

7.くるめし弁当

くるめし弁当

お弁当の軽貨物配送です。

東京23区限定(一部他エリアあり)ですが、企業への弁当配送、1日3~8件の納品、直行直帰など働きやすい条件がそろっています。

短時間定期プラン、4時間定期プラン、8時間定期プランがあり、その時間ごとに報酬が定められています。

4時間定期プランなら7,700円です。

保育園に子供を預けている時間をくるめし弁当の配送の仕事をするなど、スキマ時間を活かしたい方にもおすすめです。

8.企業専属ドライバー(求人サイトから応募)

軽貨物運送を行うフリーランス向けに、業務委託を行う求人が多くあります。

業務委託先からの決められた荷物を運ぶことで、安定した収入が確保できます。

日給や月給制で募集していますが、社員として雇用されるわけではないため、その額から諸経費を差し引いて残った金額が手取りになります。

安定して働ける反面、他のプラットフォームの仕事をする余裕がなくなる恐れがあり収入を伸ばしたい人には不向きです。

▼今すぐ事業を始めるなら軽バンリース!▼

貸出期間 月額料金
(税込)
サービスに含まれるもの
1ヶ月
緊急代車
プラン
※応相談 車両代・黒ナンバーの設置・自賠責・車検・軽自動車税・重量税・最適な任意保険のご紹介
3ヶ月 ¥49,800
6ヶ月 ¥39,800 上記に含め、6ヶ月プラン以上ではタイヤとバッテリーも新品交換!
人気 12ヶ月 ¥34,800 上記に含め、12ヶ月プラン以上ではタイヤ交換1回無料。

台数限定のキャンペーン価格!
13ヶ月
以上
※応相談 ※応相談

※上記以外に、初期費用(関西エリア:¥22,000/関東エリア:¥33,000 ※税込)を頂戴いたします。

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

プラットフォームを利用するメリット・デメリット

プラットフォームを利用するメリット・デメリット

プラットフォームを利用するメリットは、自分のペースで仕事ができる点です。

やればやるだけ収入が増えるためやりがいも感じやすいです。

ひとつのプラットフォームのみでなく、複数サイトに登録して仕事を受ければ、より多くの仕事を受けられ収入UPにつながります。

逆にデメリットは、業務量が一定しないことです。

オファーが少ない時は収入が減ります。

安定した収入を見込みたい場合は、企業ドライバーとして働くといいでしょう。

とくにAmazonFlexだけでは稼げないかも……

AmazonFlexだけでは稼げないかも

アマゾンフレックスの章で紹介した通り、アマゾンフレックスに登録するドライバーは非常に多く、都市部ではオファー(仕事)の取り合いになっている状態です。

アマゾンフレックス1本で稼いでいくのはややリスクが高いかもしれません。

ひとつのプラットフォームで稼げない時は複数のプラットフォームを利用してオファーを待ち、仕事の機会を増やす努力が必要です。

よくある質問(FAQ)

よくある質問

Q1:軽配送業の開業コストはどれくらいかかりますか?

A:軽貨物運送業は「運転免許」と「軽バン」があれば開業でき、圧倒的に開業コストが低いです。

車両も中古車やリース車を用意すれば、予算10万円台から開業できます。

Q2:軽配送業の開業時に気を付けることはありますか?

A:開業コストを徹底的に抑えましょう。

日本軽バンレンタリース株式会社なら最短1ヶ月~13ヶ月以上のリースまで幅広く対応しています。

まとめ:自分の希望や条件にあったサイトに登録しよう

軽貨物でフリーランスが稼ぐ方法は多くあります。

その中で、自分のワークスタイルに合ったサイトを見つけることが大切です。

都心部以外ではアマゾンフレックスはまだまだ多くのオファーがあります。

とりあえずプラットフォームを利用して配送業務をスタートさせたいなら、まずはアマゾンフレックスに登録してみましょう。



安心!
はじめての軽バンリースでも心強い、
3大特典

特典1
タイヤ・バッテリー新品交換渡し!
ガンガン走れます。
※6ヶ月以上のプランで適用される特典です
特典2
配達中の故障時、迅速に代車提供可能!
特典3
配達中の事故時、レッカー代は無料!

お問い合わせはLINEがオススメ。
\最速1分後にお返事します。/

画像の出典

・出典:Amazonflex(公式サイト)
・出典:ハコベル(公式サイト)
・出典:PickGo(公式サイト)
・出典:ハコブリッジ(公式サイト)
・出典:ケイハイ(公式サイト)
・出典:軽のシゴトドットコム(公式サイト)
・出典:くるめし弁当(公式サイト)

軽配送フリーランスにおすすめの記事